日本人と外国人が日本で婚姻届を出す場合(H21.9.1)

日本人と外国人が日本で婚姻届を出す場合、日本の方式で出さなければなりません。アメリカで結婚するならアメリカの方式で、イギリスならイギリスの方式でとなります。つまり、結婚する国の方式に従います。日本の方式とは、婚姻届を出せばよいのです。届出によってはじめて婚姻が成立する創設的届出です。

日本人は戸籍謄本を提出すればよいのですが、配偶者になる外国人は、その国の法律に従った婚姻要件を備えた証明書が必要です。外国人が日本で婚姻届を出す場合、次のものが必要です。

1.国籍証明書(パスポート、国籍記載のある出生証明書など)
2.外国人登録証明書(カード)
3.登録者原票記載事項証明書
4.在日公館発行の婚姻要件具備証明書(外国語で書かれている場合は訳文も。申請者本人の翻訳でも可) 
5.申述書や宣誓供述書
6.相手が韓国・朝鮮、台湾出身の場合は戸籍謄本

カテゴリー: 外国人相談FAQ
MENU