取締役会

旧商法では、株式会社には 名以上の取締役が必要とされ、これらの

取締役が取締役会という会議を開催し、各取締役は、その会議の中で、

会社経営に関する様々な問題を議論し、株主に代わって会社の経営を

監督することになっていました。

しかし、会社法は、取締役が 人いれば足りる有限会社を株式会社に

取り込んだため、株式会社では、取締役会は絶対に必要というものでは

なくなりました。

そのため、現在では、取締役会を置く会社と取締役会を置かない会社の

2種類があることになります。

取締役の人数は、取締役会を設置する会社では3名以上必要ですが、

取締役会を置かない会社では、1名で足ります。

旧商法では、破産した人は取締役になれなかったのですが、会社法では、

破産者でも取締役を続けられます。ただし、会社法、金融商品取引法

などの法律に違反した人は、一定期間、取締役になることができません。

 

 

 

MENU