取締役の会社との競業取引

取締役が、会社の利益を犠牲にして、自分の利益のために競業

取引(その会社と同じ種類の事業を行うこと)をすることは、会社と

取締役との委任契約に違反するおそれがあります。

そこで、取締役は、取締役会(取締役会を置いていない会社では株主

総会)の承認を受けることなく、自分または自分の親類や自分が取締

役を務める他の会社のために、会社と同種の事業を行ってはならない

という「競業避止義務」を負っています。

なお、競業取引をしようとする取締役は、取締役会(または株主総会)

の承認を受ける際に、取引の相手、価格など取引に関する重要な

事実を開示しなければなりません。

MENU