取締役の利益相反取引

取締役が、自分または自分の親類や自分が取締役を務める他の会社のために、

会社と取引することを「自己取引」といいます。

取締役と会社との自己取引(利益相反取引)は、それだけで直ちに違法というわけ

ではありませんが、会社の利益の犠牲のもと、取締役が利益を得るという関係にある

ことから、会社法は一定の規制を置いています。

利益相反取引をしようとする取締役は、取締役会(取締役会を置かない会社では株主

総会)に重要な事実を開示して、取締役会(または株主総会)の承認を受けなければ

なりません。

MENU