株主代表訴訟

ある取締役が過失によって会社に損害を与えた場合、その取締役に対して損害賠償を

請求するのは本来監査役なのですが、取締役も監査役も同じ役員同士なので、お互い

かばい合うことになりがちです。

そこで、会社がなかなか役員への責任追求をしようとしない場合に、株主が会社に

代わって、会社のために、役員を被告として損害賠償請求訴訟を提起することを株主

代表訴訟といいます。

株主代表訴訟を提起することができるのは、6ヶ月前から引き続き、その会社の株式を

保有している株主です。

しかし、株主は、いきなり裁判所に代表訴訟を提起することはできず、まず会社に

対して、自発的に役員の責任を追及するための訴訟を提起するように請求しなければ

なりません。

株主が、会社に対して役員への訴訟提起を請求したにもかかわらず、会社が60日

以内に役員に対して訴訟を提起しない場合にはじめて、株主は代表訴訟を提起

できます。

MENU