監査役

監査役とは、ふだん経営に携わることのできない株主のために、取締役の経営を

チェックする人のことをいいます。株式に譲渡制限があり、取締役会も置いていない

会社(大会社を除く)では、株主自らが、直接会社経営にあたるため、監査役を置く

必要はありません。

監査役の仕事は、取締役の職務の執行をチェックすることですが、大きく2つの仕事に

分けられます。

①会計監査

計算書類が会社の業績や財産状態を適正に示しているのかという点をチェックする

仕事です。

②業務監査

取締役の経営全般について、法令や会社の定款に違反していないかという、

適法性をチェックする仕事です。

上場会社など会計監査人のいる会社では、会計監査は、どちらかというと会計の

プロである会計監査人が行うので、監査役の仕事の中心は、業務監査になります。

MENU