外国人の介護分野進出?

7月29日付の新聞に、「外国人の社会福祉士と介護福祉士の受け入れを検討し、今年度中に結論を出す方向」という記事がありました。

現状では、介護関係に就労できる外国人の在留資格(ビザ)はないので、これを目的とした入国は不可能。

ただ、これの実現を待っている派遣会社とかって結構あるんですよねー。

同様に、フィリピンとのFTA(自由貿易協定)交渉により、看護師、介護福祉士が解禁される方向にあります。

フィリピンでは、日本語の学習が盛んに行われているのも事実です。

ただ、どちらも日本の国家資格取得が前提という高いハードルがあります。

こんな高いハードルを課すなんて、日本政府は、本当に外国人を受け入れるつもりがあるの?

2006 年 8 月 15 日

HOME