所得証明

建設業許可申請で経営業務の管理責任者の経験年数を証明するための資料で

いくつかの役場に所得証明を請求しています。

先日の埼玉県の深谷市役所は6年前までのものしか出してもらえませんでしたが、

今日、行った群馬県の榛東村役場は、8年くらい前までのものまで出してもらえる

とのことでした。

以前、どこかから出せる年数分は役場によって違うということを聞きましたが、まさに

そのとおりでした。

建設業の許可申請においては、他業種の経験年数での申請では、7年分が必要に

なるので、それ以上もらえるとありがたいです。

もっとも、上記内容は、個人事業主としての経験年数の証明の話なので、法人の

役員経験年数とは関係ありませんが…。また、その方が、確定申告したときの

控えを持っていればやはり関係ない話ですが、実際には、7年前のものを保管して

いる方は、ほとんどいないと思うのですが…。

2010 年 6 月 17 日

産廃収集運搬業許可申請(群馬県・前橋市:H22.6.10)

群馬県と前橋市の産廃収集運搬業の許可申請をしてきました。

全体的に問題なく完了しましたが、群馬県の申請では、以下の指摘を受けました。

「排出事業者と処分業者それぞれが、前橋市の業者しか記載されていないが、

これだと群馬県の許可を取得する必要がないので、前橋市以外の場所、業者等を

記載すること」

なるほど、前橋市在住の自分にしてみれば、群馬県許可も前橋市許可も同じものと

いう印象がありましたが、厳密には違うんですね。勉強になりました。

2010 年 6 月 10 日

帰化申請

帰化申請の事前相談に依頼者の方と法務局へ行ってきました。

ほぼすべての書類が揃っていたので、中身についてじっくり見てもらいました。

ちなみに、今回苦労したのは、住所の履歴をたどることでした。依頼者の方は、

10回近く住所移転をしていたので、けっこう苦労しました。

新たに用意するように言われた書類は、2種類ほどで、次回には本申請できそうです。

正式に申請してからどれくらいで許可がおりるかを担当の方に聞きましたが、明確な

答えはいただけず、申請者によって違うとのことでした。

もっともな返答でしたが、大体でも聞きたいところでした。最近、どの自治体もこれらの

質問には慎重な回答が目立ちます。

2010 年 6 月 9 日

建設業許可証受理(埼玉県:H22.6.4)

5月10日に申請していた埼玉県の建設業許可業種追加申請の許可証を無事受理

できました。

今回の申請は、以前のブログで書いたように、経営業務の管理責任者の経験年数の

証拠書類がやや弱く感じたので、不安でしたが、ほっと一安心です。

これで、今まで以上に幅広く建設業を行うことができるので、より一層売上げアップに

励んでほしいと思っています。

2010 年 6 月 4 日

HOME